大 阪 府 立      TEL 06-6854-1207
    豊 中 高 等 学 校   FAX 06-6854-8086       
  
 

各種リンク









 

日誌

校長ブログ >> 記事詳細

2018/03/09

【NEW】物理学会参加への準備

| by toyokoweb

 3月23日(金)に千葉で行われる日本物理学会 第73回 年次大会(2018年)Jr.セッションにおいて、豊中高校の12名の生徒が研究した内容をポスターで発表します。
 テーマは、「蛇口から流れ出る水が形成する形状の研究」です。
(代表研究者:織谷涼右 共同研究者:郷野眞紘,小野龍文,土田尊,河野大輔,南井康佑,中園康聖,小西遥登,吉村源樹,三谷貴宏,竹中大洋,瀧井春喜(敬称略))
 発表内容は、物理学会のホームページにも掲載されていますが、
 「我々は水道の蛇口から出る水の流れについて、水の粘性や渦の形成などの性質を除いた巨視的なモデルを用い、蛇口から出る水の作る柱状の形を理論的に導く公式を提案した。そして、この形について、蛇口からの距離とその半径に関する、実際の測定値と、蛇口の出口の口径と水の初速度から求めた理論値とを比較することで我々の理論の妥当性を検証した。また、モデルの単純化のために省略されていた水の粘性や渦の形成などの性質および、空気抵抗などの問題と、上記で求めた誤差との関連について考察した。」
というものです。
 校舎内立ち入り禁止期間の前日となる、6日(火)に直接、発表内容の説明を受けました。
 学会での発表という晴れ舞台での活躍を期待します。

<発表する生徒たち(赤丸は、ポスターの原稿)>



※来週は、高校入試の学力検査やその採点・合格判定業務を行うことから、しばらくの間ブログは休止いたします。
※ブログ再開は、合格者発表の日、3月20日(火)午前10時以降とします。


07:00