大 阪 府 立      TEL 06-6854-1207
    豊 中 高 等 学 校   FAX 06-6854-8086       
  
 

各種リンク









 

日誌

校長ブログ >> 記事詳細

2018/07/12new

【連載】豊高のキャリア教育010

| by toyokoweb
  7月10日(火)学習サポートプログラムの一環として1年生を対象とした「阪大講演会」を実施しました。

 まず、大阪大学副学長の小林傳司先生から「学ぶことの意味、何のための、誰のために」をテーマに講演をしていただきました。
 先生は理学部の生物分野を大学で学ばれたときの、ゴキブリの実験のエピソードをユーモアたっぷりに話され、またPISAの学力テストの日本の成績を素材に、「転ばぬ先の杖」のような考え方が日本人は弱い点や、世界的にみると日本人は学ぶという条件に恵まれているとの話をされました。その後の質疑では10名近くの豊高生が挙手して質問するなど、とても積極的な姿勢を見せてくれました。



続いて、3名の豊高出身の阪大生が登壇し、受験勉強のことや大学生活のことを話してくれました。


 最後に私から次の3点を話しました。
①自分が豊中高校から大阪大学に進学した理由(物理の力学が好きで基礎工学部へ)
②講演や先輩の話に多くの生徒が質問をしたことはとても素晴らしかった
③オール文理学科の73期生を節目として、「夢・ロマン・反省をもって」(阪大の山村元総長の言葉)、新しい豊高の歴史を作ってほしい

<今週の配付物>
72期(2年) The Path to Your Dream (No.7)  7月12日版
  ・合格サプリから
    1 大中小の目標で夏休みを制す(目標を定め計画的な学習を)
    2 志望校決定のための4ステップ(オープンキャンパスへ行こう)
    3 1学期のつまづき克服法(基礎固めをしっかりと)
  ・先輩の「合格体験記」を読もう
71期(3年) 進路だより No.6 7月12日版
  ・大学入試シミュレーション(手順)
    ①大学のHPなどを見て受験しようと思う大学の入試科目や配点を表に記入。
    ②保護者に説明しサインをいただく。
    ③担任以外(校長を含む)にも説明をしサインをもらう。
    ④三者面談時に提出します。
11:03